スポンサードリンク

2010年08月06日

お尻のほくろ

ほくろがお尻にあったら異性に不自由しないです。 それは良い意味でも悪い意味でも両方です。
お尻のほくろの良い意味は、とにかく異性にもてるということです。 男性なら連れている女性が毎回
違っているなどのプレイボーイです。
女性でも合コンなどで携帯番号のメモを次々に渡されて、一人に絞れないといった具合です。
悪い意味では、こちらからは交際を望んでいないのにしつこくつきまとわられたりするといったことです。
(悪くすればストーカーまがいです。) 要はまわりがほっとかないのです。
尾てい骨のほくろは強力な異性運から幸せな結婚に結びつくようです。
幸せな結婚といっても、それは最初から自分の理想にぴったりの相手と結ばれるとは限っておらず
一緒に生活しているうちに心も身体も相性ぴったりの相手で幸せをしみじみ実感できるものです。
ほくろの位置がお尻の外側に行くほど、異性運があまり良い意味ではなくなるようです。
軽い気持ちで始まったおつきあいでも「この人とは無理」とわかった時点では、相手が別れを承諾して
くれなくて面倒なことになりがちです。
問題がこじれると裁判沙汰になってしまうこともあるので気をつけないといけないです。 もし自分の
ほくろが色の悪い(薄い)ほくろなら、交際前に十分に相手を観察して考えた方がいいでしょう。
色の濃い活きぼくろなら、お尻の外側にあっても深刻な男女間に発展せずに例え時間がかかっても
いづれは解決できる傾向のようです。
お尻にほくろがあるからと言って、独身にしても既婚にしても異性にもてることで遊びすぎたりなど
無茶は禁物です。
彼氏や彼女あるいは配偶者がお尻にほくろを持っていたら、さりげなく予防線をはっておくのが賢明です。
なにせ本人はその気ではなくても、異性にもててしまうのです。
でもしつこく追及するのではなく、あくまで「さりげなく」目を光らせておくのです・・・


ラベル:ほくろ
posted by カティ at 19:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。